間違っちゃった理系回路搭載管理人の思考垂れ流し徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏も終り。
夏も終わりなので、背景を海から変えました。
ちょっと攻機っぽいよね。
しかし、攻機っぽい背景にこの微妙な内容。
まぁ、いいか。
スポンサーサイト
トムヤムクン的なもの。
昨日のレモン汁:ナンプラー=1:1が少し残ったので、謎のスープを作りました。
目指した物はトムヤムクンですが、よく分からないものになりました。

さて、作り方は簡単。
i.鍋にお湯を沸かし、コンソメを溶かす。
ii.みじん切りのショウガ(一片分)、細切りタケノコ(水煮)、シメジを加える
iii.ナンプラー・レモン汁(各小2)でベースの味をつけ、醤油とラー油で味を調える。
以上。

トムヤムクンの定義が分かりませんが、こんな感じです。
しかし、どの本を見ても、エビが入っている……。トムヤムクンはエビのスープなのか?私は入れてないけど。
……もしかしたら、私はエビの入っていないエビチリ的なものを作り、「これがエビチリか」と納得するという愚かな行為をしているのではなかろうか。……まぁ、それもありだな(ありなの?)。

トムヤムクンらしいかと聞かれれば、分からないとしか答えられませんが、汁物としての味は、悪くなかったです。
ショウガが効いてて結構おいしい。しかし、妹は「これ、厳密に辛いよ(出典:O振り)」と云っていました。
辛いの苦手な方は、ショウガの量を減らすか、ショウガを煮込む時間を短くすることをおすすめします。時間が経てば経つほど、ショウガの味が強くなるので。

まぁ、こんな感じで。

追記(2007.11.28):トムヤムクンはトム(煮る)ヤム(混ぜる)クン(エビ)という意味だそうです。やはり、エビが入っていないのはトムヤムクンとは言わないようです。
夕飯レシピvol.3
水曜日恒例、夕飯シリーズ!
今日はかなりの力作(従姉の)。タイご飯っ!(魚の鯛に非ず)。

1.タイご飯
i.ニンニクのみじん切りを香りが出るまで炒め、鶏ひき肉を加えてそぼろ状にする
ii.パプリカを加えて更に炒める
iii.ナンプラー・レモン汁各大1/2、オイスターソース大3、砂糖大2/3で味をつける
iv.バジルをちぎって入れて、軽く炒める
v.ご飯に乗せたり混ぜたりして食べる。この際、温泉卵とかを乗せるとおいしいらしい。

2.春雨サラダ
i.ニンニクのみじん切り、20分ほど水で戻した干しエビのみじん切りを油で炒める
ii.茹でて水を切っておいた春雨を加えて更に炒め、冷ます
iii.トマト、玉ねぎ・セロリ(薄く切って塩もみ)、ピーナッツ(from柿の種)の砕いたものを加えて混ぜる
iv.ドレッシングをかけて和える
*ドレッシングはナンプラー・レモン汁各大2、醤油大3、砂糖小4。

3.レッドカレースープ
i.油でレッドカレーペースト20gを香りが出るまで炒める(焦げ注意)。
*でも、結構辛かったので辛いの大好きじゃなければ15g位でいいかと……。
ii.ココナッツミルク400mLを加えて延ばし、更に干しエビの戻し汁や水を加えて適当な量まで延ばす
iii.アサリを加えて口が開くまで煮込む
iv.筍の水煮、フクロダケ(丸いキノコ)、セロリの葉っぱを湯通ししてから加える
v.ナンプラー・レモン汁各大1/2、砂糖小2で味をつける

ナンプラーとレモン汁の組合せが多いのは、本来ならドレッシングのみの組合せだったのが、匂いが強すぎて急遽希釈(というか量を減らした)したため。
ナンプラー大好き、という方ならレモン汁の分をナンプラーに変えてもいいと思います。

フクロダケとかね、レッドカレーペーストとかね、初めて見たよ。
ナンプラーの匂いにびっくりしますが、調理が進めば匂いも変わり、食べる時には全然気にならず、おいしかったです。ご飯(に乗せるもの)は、多分それだけで茶碗三杯は軽くいけるかと(ってか、いったよ、私は)。
お店で食べるような、普段じゃありえない味。中華とも韓国風とも違う、アジア風としか表現できない……。
今日は涼しくて過ごしやすかったのですが、これはやっぱり暑い日が似合うかも。鼻にこない辛さがとても気持ちいいです。
調味料を揃えるのが大変ですが、気になったら何かの機会にぜひ。

あ、例の試験結果ですが、何故か衛生が落ちてました。……何でや(熊風に)。
考えられる理由は、試験監督がべるぅが氏だったからくらい(それ違う)。
しかも、絶対通るはずのない同時開催シャア先生の臨生(勉強時間0/実話)が通ってしまったので、後期の選択が本気で『選択』を迫られることに。
受験科目を取るか、趣味に走るか。ここまで来たんだから、全部取らなきゃもったいない気もするし、でもK先生の授業も面白そうだし……って、研究室決まる前に履修登録って、どうしろって言うんだ。K先生の研究室に配属されて、K先生の授業取らないわけにもいかんだろう。気まずいよ、それ。
ちなみに免疫、有機などは全てクリア。応援ありがとうございましたv
片付けクライマックス。
明日から、再試の準備クライマックス(え?)。
今分かっているだけの物化(負の遺産)とD剤だけで終わればいいな。
っつか、終わって下さい!お願いしますっ!

しかし、例のアンケート。私の愛するかもし研(勝手に命名)の希望倍率3倍って何?
回答率半分にも満たないのに何この数字。
他全部2倍以下だというのに……かもしブーム来てるのか?(明らかに違う)。

さて、後期が始まれば、教科書がまたぎゃふんと増えるので現在片付けClimax。
この前の二の舞ではありませんよ?今日はバリバリと働いています。
本棚の負担を無視して、使いやすさ(教科書類の取り出しやすさ)を優先させたところ、妹が教科書の量にどん引きしてました。
明らかに教科書の重みで棚が歪んでいるけど、見えない、見えない。
耐えろ、本棚!

なお、ほとんどの方にはどうでもいいネタですが、サイトの方、更新休止宣言をしました。
しばらく、修行してきます。修行先はあえて云いませんが、どこかで見つけたらそっと見守って下さい。
マリモ
長年、ペットとして飼っていたマリモがついに枯れました。
マリモをペットと言うのはどうかと思うのですが、とりあえず、私の中ではペットです。

小学生の時、友人に貰ってから早十数年。
枯れかけたり変色したりを繰り返し、それでも何とか乗り切ってきましたが、この夏は越えられなかったようで。
まだ仲間が二匹(こっちは河口湖土産)残っているので、何とか頑張ってほしいです。
電030話。
比較的、先週の予感は当たったような、当たらなかったような。
とりあえず、でねが無事で良かったです。
ゆと、でねのこと大好きなんじゃないかぁぁっ!
もうそれだけでいいです。
来週最後の一枚使いそうですが、でねが消えなければいいです。

C-formは攻撃を受けたところの人が痛いのね。
「ちょっっ!痛いよ、先輩」「全然、痛くない」
のやり取りがすごく良かった。
夏風邪ネタは来週まで持越しですか?

ほっとしすぎて言葉が出ない今週の感想。……良かった。
野草。
遅ればせながら、R氏から誕生日プレゼントを頂きました!
遅れたのは私のせいです。R氏のせいではありません。
自分は7月生まれなのですが、当日はD理の試験。
というより、その辺ずっと試験だったので「プレゼントくれるくらいなら、時間と単位を寄越せぇぇっ!」と暴言を吐きまくっていました(最悪)。
しかし、先週「今、伊東屋だけど、欲しがってたインク何だっけ?」というメールが。
曰く「野草は覚えてたんだけど、メーカーが分からんかった」だそうで。

そして今日、エルバンの野草は私のものになりました!!
って、これ、仏蘭西製だったんだ。表記はJ.HERBIN。
もちろん、じぇいどっとへるびんと音読しましたよ?(阿呆……)。
壜の口についたインクを透かせばとても綺麗な緑色。
ステンドグラスにはちょっと濃すぎるかな。
早速書きたいところですが、サファリにはまだパーカーのブルーブラックが入っているので、後で洗浄して入換えます。

とりあえず、ガラスペンで書いてみました。コピー用紙に(うわ)。
ガラスペンは結構インク含みがいいのでかなりしっかり書けます。
お店で試書きしたときは、かなり黒に近い深緑の印象があったのですが、今書いてみると、意外とはっきりした緑色ですごい透明感。
だけど、とても落ち着いた緑なので浮ついた感じはしません。
掠れて薄くなっても、目に眩しい鮮やかな緑にはならない。
続いて、ペン先にたっぷりインクを含ませて、そのまましばらく放置。
濃縮された色を見てみます(この行為が正しいかどうかは不明)。
……濃っ!草餅に入っている草の色だ!(貧相な表現)。
ラベルに描いてあるツタが一番近いイメージかなぁ。
私の脳内では、真夏の山のむせ返るような匂いが再現されたけど。

でも、これで手紙書くのはちょっときついかも。メモには良さそうだけど。
メモや置手紙程度だと万年筆よりはガラスペン向きか。
ガラスペンはインクの色を変えるのが簡単(水洗いだけ)なので楽。
ペン先が壊れやすいので、ぶつけたりしないように、周りを片付ける必要はあるけどね。
しかし、せっかくだからLAMYに入れてメモ魔になるという方法もあるな(推奨:今の自分)。
使い方を考えるのも楽しみです。R氏、ありがとう!

追記:ガラスペンにコピー用紙はあまりお勧めしません。
何か、ガラスがきゅっと引っかかる感じがして背中が寒くなります。
滑らかに書ける紙は……私も探し中。ペン用の高い紙ならいいのかなぁ。
ゲーセン。
近所のさていに行ってきました。
ゲームコーナーがちょっとしたゲーセン状態になっているのでふらふら歩いていたら、発見!電0フィギュアv
30センチくらいの大きなものはR.0.D.formとA.X.formの二種。
1プレイ200円。500円で3プレイ(決してそういう意味ではな……/殴)。
しかし、R.0.D.formはディスプレイのみで実質はA.X.formのみが対象。
店員さんに言えばR.0.Dも出してもらえるんだろうけど、それをする勇気はない。
ただ、1プレイ200円は一度で確実に決めないと財布に大打撃なので、とりあえず保留。

他を見て回るとキーホルダータイプのフィギュア発見!
こちらはA.X.formとG.U.N.formがそれぞれ二種、Sword-formが一種の計五種。あれ……R.0.Dformは?
Swordはやはりというかなんと言うか、売り切れていたので狙いはA.XかG.U.N。
とりあえず一番狙いやすそうなG.U.Nに手を出すと一発でげっと!
こっちは1プレイ100円なので、ちょろいな、と思ったのが間違い。
本命のA.Xは掴むところまではうまく行くのに穴に持って行く途中で落ちてしまうのです(穴に入らないと取ったことにはならない)。
結局、三度チャレンジしましたが全て途中で落ちてしまいました。
ごめんね、きんちゃん。高いとこから落としちゃって、痛かったでしょ。

諦めて帰ろうとすると、先程の30センチフィギュアの機械の前で、若いお母さんが、三歳ぐらいの子供にせがまれて頑張っています。
しかし、お母さんの健闘も空しくきんちゃんは2センチくらい動いただけ。
泣き叫ぶ子供。「僕はきんたろすが欲しいんだぁぁぁっ!(号泣)」。
……同志だ(阿呆か)。結局その子は号泣しながら去っていきました。
その後姿を見つつ、財布を開けるとちょうど百円玉が二枚。
結果ですか?もちろん、撃沈しましたよv
……次は必ず手に入れてやるっ!
映画とカラオケ。
今年は何だかよく映画を見に行く年です。
昨日はレミーのおいしいレストラン見てきました。勿論吹替版。
主人公がすごいダメっ子で、ネズミがとっても中間管理職的な役回り。
「僕はレストランで人の振り、家族の前でネズミの振り、独りになれば……」という葛藤が、とても百介(in巷説)的。
ヒロインはめちゃくちゃ強かったけど、とても真っ直ぐで、優しい子。ああいう子好きv
ストーリーは、思いっきり料理ネタかと思いきや、そうでもなかった。
むしろ料理における精神論と言うか、ノーマライズ……みたいな?(ちょっと違うか)。
途中、ネズミの父ちゃんが見せた「現実」はひどく生々しい描写で、トラウマ発動しそうになりましたが、オチはすごく幸せで、ほのぼのとした気持ちになれましたv

さて、映画の後は、高校時代の友達S嬢、R殿とカラオケ。
歌って踊れるS嬢は振り付きで歌ってくれます。
私はクライマックスジャンプのいーじゃんコール時にきんの張り手、うらのジュリ扇ダンスをやってみました。温かい目で見守ってくれた二人に感謝。

R殿のアリプロはか~な~り上手です。あの音域は私には出せません。……羨ましい。
S嬢はすごい高音でもってけ!せぇらぁふくとかハルヒの歌(多分)とかを熱唱。
♪あ~いま~い三センチvの声が、仕草が可愛すぎですS嬢!
っつか、S嬢は今日ほとんど高音で、可愛かったけど、喉が心配。
そして、なぜかとてもきわどい歌を「これ、カイリに覚えて欲しい」と歌ってくれました。
「ねぇ……しようよ」「最強ox計画」って、どこで歌えと?
しかも私、年下は論外だよ?(年上至上主義v)。
しかし、この二曲は後々の爆弾発言への伏線だったのです(多分)。
その後、私は「一人ワンピース縛り」。ウィーアー、Believe、Runx3は名曲。
映像にシャンクスが出ると歌そっちのけでS嬢と絶叫。
しかし、一番の絶叫は、やっぱり最後のだぶあく「ごめんなさい」。
マイク必要なかった。そして……気持ちよかったv

帰りは、午前中、電0の映画を見に行ってきた二人と、電0トーク。
渡瀬:「パーアクの『お前の望みを云うてくれ』がさぁ、すごくいい」
S嬢:「抱いてv(超いい笑顔)」
渡瀬:「えっ!?(焦)」
S嬢:「って云いたくない?」
えーと……何で?
さすがにそこまでは言ってないのに……っつか、それどう考えたって変態じゃん(今更)。
しかし、全てを許容するS嬢の笑顔に背中を押され、うっかり頷くどころか「だったら今人体の方がいいなぁ」と末期発言をしてきました。
あの背中が、あの腰が、もう……堪らない。膝に乗って、肩に縋り付いて思いっきり泣きたい。
しかし、それだけで契約完了は寂しいので、守護霊ならぬ守護今人にでもなってもら……ごめんなさい。夢は寝て見ます。
さっぱり。
従姉と夕飯を作ろうシリーズ復活。
ふ……もう来てくれないかと思ったよ。

1.肉じゃが
i.白滝を乾煎り
ii.肉を加えて炒める
iii.玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモを加え砂糖、醤油、酒、出汁で味付け。

2.梅肉和え
i.キュウリと大根を千切りにして塩もみにする
ii.潰した梅肉に出汁を少し加えてのばす
iii.水気を切ったiにiiを加えて和える

3.No Name
ワカメ、ミョウガ、キュウリ(塩もみ済み)をポン酢で和える。

4.揚げ浸し
作り方の詳細不明。ナス、ネギ、ピーマンポン酢味。

5.とろろ昆布のお吸い物
i.出汁を鍋に作る
ii.器に星型にくりぬいた蒲鉾ととろろ昆布を入れる
iii.出汁をかける

とろろ昆布が大好きです。見た瞬間テンションが上がりました。
食べ物にときめけなくなったら、人生の楽しみの半分を損すると思いました(んな大げさな)。
じゃみのしずく。
せっかく借りてきたのに何で読まないのっ!次は200人待ちだよ!
と妹に抗議されたのでやっと読みました。
しかし、この厚さ。冬はいいけど夏は暑い。
寝ながら読んでると背中が暑いです。うつ伏せになって読むには腕の傷が痛すぎる。

一言で感想を述べるなら「登場人物多っ!」でしょう。
伏線やら何やら、諸事情あるので仕方ないけど……。

しかし、いつもよりテンション高めの関口君とか、普段より大人しい榎さんとか、妙に珍しいものがいっぱい見られます。
何か、関口君、最近強くなったよな……。
殺人事件に巻込まれ、ただ巻込まれるだけじゃなく誤認逮捕までされちゃって、口の悪い友人(曰く知人)には毎度毎度貶されてれば少しは強くなるか……。

益田君のお調子ものっぷりの裏側は、どこか関口君と同じ匂いがして、何だかちょっと共感できました。
今回一番の見せどころは関口君と京極堂の度肝を抜く発言をしたこと。
「それは君、とびきり愉快な冗談か何かか?」という台詞を京極堂に言わしめたことでしょう。
京極堂の榎さんと関口君に対する認識が最高です。

交番勤務の青木君。
何だかんだ言って木場修を頼りにしているところが可愛い。
俺になんか似るんじゃねぇよ、とか言いつつ、しっかり面倒見ちゃってる木場修もいい先輩。大好きだっ!

キーワードは雫。
邪で、魅せて……雫。コードネームはしずく。
たった一滴で……人を殺せるその雫の描写があまりにも綺麗でどきどきしました。

最後の、榎さんの台詞。
あんなに痛くて悲しい台詞は……反則だ。
渡瀬家の素麺。
たまには真面目に食べ物について。
一応、夕飯レシピ載せるって明記しちゃってるし、ネタないし。

今日のテーマ:素麺。
皆さんはどうやって食べますか?
うちは、基本的には市販のめん汁に、薬味でネギとかミョウガとか、シソとか入れて食べます。
個人的には鰹出汁(亀出汁じゃないよfor雫月ちゃん)のめん汁が好き。
胡麻ダレはあまり登場の機会がありません。嫌いじゃないけど。

ここからが微妙にオリジナルというか……。
なぜか渡瀬家ではめん汁に生卵とトマトとキュウリを入れて食べることがあります。
トマトとキュウリは冷やし中華に載せる時みたいに、それぞれ輪切り、千切りにして、めん汁に全部入れてぐるぐる混ぜてから麺を入れて食べます。
ちょっ、気持ち悪いとか言わないで下さいよぅ。意外とこれ、おいしいんですからっ!
高校の時、うちに遊びに来た友達がやっぱりすごい気味悪がってましたが、食べた感想を聞いたら「ありだと思う。むしろおいしい」と言ってました。だから、大丈夫……多分。
っつか、これ、どこの地方の食べ方なんだろう。
とりあえず、いまだかつてうちと同じ食べ方をしている人に出会ったことがありません。
特に生卵がありえないらしい。

いっぱい茹でて余ったら翌日炒め物に入れたり、澄し汁に入れたり。
炒め物は塩、ソース(焼きソバについてくるやつとか)、カレー味、たまにマヨネーズとかいろいろ味付けを変えて楽しめます。

こうやって書くと、素麺はすごいな。いろんな食べ方が出来る。
炭水化物ダイエットは絶対に出来ないと思った渡瀬でした!
電029話。
来週、でねはいなくなっちゃうですか?
ゆとが投げたカードの意味「こうすればカードは変身でなくならない。だからずっと一緒にいられる」とか、そんなわけないよねぇ。
サブタイトルが「さらばアルタイル」ではなかったので大丈夫。
きっと大丈夫……だと信じたい。

何か、予告で折角の三十分が吹っ飛んだ。
でも、一応覚えているのは
*全合体を気に入っちゃったりょたと、どん引きの皆。
「お前のそのセンス」「なけるでぇ」に笑った。
*体を一日……に食いつく今人s。
うら……24時間ぎりぎりまで釣り尽す気かよ、お前。
*肝試しを勝負事と勘違いするヒロイン、大好きだ。
*お化けにまでサービスUりょたがいい。
*ツッコミ入れつつも、完食ですか?ゆとさん。
*作り置きのお弁当、三段プラスご飯なんて豪華すぎるよでね!
*犬にダッシュで後ずさるMりょた可愛い。
*あの置物はどけちゃいけなかったんだよ、きんちゃん!
*「山に帰れ」のもも、泣いて暴れるりゅた、可愛いなぁx2。
*今日のりゅたは普通に可愛かった。いつもの禍々しさはどこへ?
*でねの悲鳴を聞いてカード使っちゃったゆと、お前は本当に優しい子だ……。私の中で最近奴の株が急上昇。
でねに技をかけたのも、カード使っちゃった怒りからじゃなくて、無事で良かった心配かけさせやがっての一撃だと思いたい(どこまで妄想?)。
*心を一つにする経過が面白すぎる。前から後からぶつかり合い、積み上がり、変な決めポーズ(無心)……しかし最後は「お前が邪魔ぁっ!」って……どんな一致?(そんな一致)。
ちなみに私は、ぶつかり合い吹っ飛ばされたうらの細腰と、やけに気合の入ったきんの腰しか見えていません。
あ、一列に並んだ時のうらの腰もいい動きしてましたね。
変態なのは重々承知ですよ?変態という名の紳士ですから!
*りょたは喜んだのに、気持ち悪いと完全否定のもも。でも来週もなるらしい。

*予告は、ゆとが川にカードを投げ捨てたシーンが一番気になって仕方ありません。
これで一週間過ごせというのか。どんな拷問だ。
あ、何か、王子っぽいものが来ましたね。ちょっと可愛い。

勢いに乗ったところで、ToAちゃんねるのノースクランブル一挙放送、見られるかと思ったら見られませんでした。
うっかりケーブル会社に電話しちまったぜ(末期)。
ToAちゃんねるには対応していても、ノースクランブルには対応していないようで。
ひどいよっ!ToAちゃんねるの公式サイトには対応基地局リストに入ってたんだぞ!
うわぁぁん!(もういっそ今日のりゅたのように泣き暴れたい)

……書き切った。
買い物(買ってないけど)。
あまりの涼しさに、昼過ぎまで爆睡して朝稽古をすっぽかした渡瀬です。ごめんなさい。
TFを見に行った日、近くのショッピングモールをふらふらしました。
今年の夏の裏目標。綺麗なお姉さん恐怖症克服!(かなり本気)。
何かね、きらきらしたお姉さんとか、本当にだめなんですよ。
お店とかで声かけられるのも無理。
服売り場に近づかない、近づいても挙動不審になるのはそのせいです。
「如何ですか?」って言われると、もも張りに「ごぉめんなさぁぁぁいっっ!」と逃げたくなります。
電気屋とかなら全然平気なのにな……。

手始めに、比較的行きやすいユニクロへ。
ジーパンまとめ買いセールをやっていたので売り場へ直行。
以前、妹に「カイリさんはブーツカットが似合わな過ぎる」と駄目出しをされたので、ストレートのジーパンを試着してみたところ、同行したR氏に「うん、確かにブーツカット似合わないね」と言われました。
いや、試着したのはストレートなんだけど……。
ストレートがブーツカットに見えるって……太腿と膝下の太さの比が合ってない自分の悲しい性です。
悔しいので、寝る前に転換の練習をしたら無駄に足が筋肉痛になりました。
誰か、大腿部を細くする方法を教えて下さい(涙)。

ジーパンを諦めてユニクロを後にし、次に見つけたのはUりょ風サングラス(レンズは透明)。
早速かけて、似合う?と聞いたところ「あぁ、変な探偵みたい」と言われました。
変な探偵だって? よく言われるよ(大抵は帽子のせい)。
その後、奴は何を思ったか、かなりレンズの大きいサングラス(レンズは茶色っぽい)を私にかけさせて「仮面ライダー!」と一言。
変身後の仮面ライダー(おそらく初代とか)だそうです。

その後は、名前のよく分からない店ですごく使いやすそうなジャケット(半袖)を見つけたのですが値段がアレだったので諦めました。
半額くらいなら良かったのに(暴言)。
デザインが可愛いとかではなく「使いやすそう」なのは、ポケットがいっぱいあったから。
服選びの基準は機能性と防御力(え?)。
ポケットとフードが付いていて、厚手で丈夫な布(木綿推奨)で出来てる服が好き。
袖の長さは長袖なら掌の半分まで、半袖なら肘のちょっと上がいい(妙なこだわり)。
デザインは……オフの私を知っている人なら何も言うまい。
服のセンスは(いや、服に限らずだけど)最低ですv
見かねた従姉が、近々服を買ってくれるとかくれないとか言っているので、それを期待しています(いつだって他人任せ)。
片付け。
昨日、一昨日よりは、過ごしやすかったですね。
妹はあの夏の祭典に行ったみたいです。ご苦労なこって。
もう一人の妹は、明日行くことを挫折したようです。

連日のお出かけで疲れたので、今日はひっそり片付け。
……疲れすぎて、食欲が消え失せました(涙)。

手始めに積み上がったビデオ。
I某シーズン2~5までをラベリング。二話以外、コンプ!
しかし、再生しながらラベリングなんてすれば、展開は一つ。
気が付いたら2ndシーズン18話を頭からフ・ル・視・聴v
あぁ……はるきちゃん、可愛いなぁ。可愛いなぁ。
最後の三人のシーン、「内密に、願います。さもなくば懲戒免職」は最高。
ラストシーン、涙を流さない泣き顔がとてつもなく泣けた。
ここ最近、電0で若い人達にときめいていたので、久々におっさん充電(というのか?)をしました。

え?片付け?……ラベリングしか終わりやせんでしたぜ!(いい笑顔)。
とらんすふぉうまぁ。
昨日に引続き、映画行ってきました。トランスフォウマァ吹替版。
洋画の吹替は賛否ありますが、私は声優さんの演技も楽しめるから好きです。
字幕は映像が遮られてしまうし、途中から耳が慣れて勝手に脳内で台詞を意訳してしまう悪い癖があるので。

さてさて、トランスフォウマァ。
初めて買ってもらった車が、実はエイリアンでロボットに変身。
うっかりロボットの戦いに巻込まれた主人公とヒロインと米軍の人々。
キューブを手にするのはいい奴と悪い奴(名前が覚えられません!)どっちだっ!
……そんな話です。

アニメはスーパーリンクをちょっと見たことがあるくらいです。
しかも、覚えているのが
「たとえこの身が滅びても、この正義の心はあなたとともに!」
「私にまだ正義の心が残っているうちに、あなたの手で貫いて下さい!」
みたいなね……声だけ聞いてるとまったく違う映像が脳内に浮かぶ素敵なシーンだけ。
またこの声がいいんですよvインフェルノ、いい奴だったv

しかしまぁ、映画ではそんなある意味どきどきな展開はなく(期待するな阿呆)、とてもハリウッドらしいロボット&軍事ものになってました。
二時間半、詰込めるだけ詰込んだストーリーにスタッフの心意気を感じ、見終わった後は、お腹いっぱい。

ハリウッドの実写だけあって、飛行機とか車とか(もちろん戦闘機、戦車)、とても迫力がありました。
迫力ありすぎて怖いくらい。だって、本当にこの世界のどこかをあいつら飛んだり走ったりしてるんでしょ? そう考えると怖いものがあるなぁとね……思ったり。
けど、ロボットものの実写化ということにおいて、完成度はかなり高いかと。
ロケとCGがすごくうまく融合していて白々しさがないです。

ロボットのデザインは、やっぱりメイドインじゃぱんの方が個人的には好きです。
装甲薄いし(縁を触れば手が切れそう)、手指の部分は尖ってるし、何か禍々しいよ!
ちなみに同行者(ガンダム好き)は、「アルミ板のような装甲だな。あれじゃ、すぐ撃ち抜かれしまう」と云ってました。
あと、顔の内部が見えるのは仕様ですか?瞼とか、リアルに動かなくていいから頬の辺りを覆って下さい。怖いから。
あ、でも、主人公の車の子はじっと見つめる目が可愛かったv
ついでに、ことあるごとに「だって日本だし」と、ちょっとマニアックで精密な日本製の機械に対するコメントが出てきて笑いました。何か誤解してるよ、アメリカの皆!
ちなみに一番の笑いどころはドアップになったSDカードがパナのだったこと。こんなとこまで日本製。

ラスボスの第一声、「俺」と聞いた瞬間に「参上!」と脳内再生した自分は、昨日の映画がまだ残っているようです。

ロボットアニメだけじゃ物足りないvという方は見に行くといいと思います。
但し、変身はするけど、合体はしないのでそこだけ注意して下さい。
電0映画!!
というわけで、行ってきました!
朝一だったのと、裏番がナルトだったのとで、結構空いてた。
おかげで、泣き声や喚き声に悩まされることもなく、それを放置プレイする親たちに禍々しい怒りを覚えることもなく、静かに楽しく堪能できました!
子供が泣くのは仕方ないけど、それを放っておいて、自分が映画に集中する親は許せない。
子供が上映中に喋ったりするのを注意できない親もね……。

来春のワンピース冬島編の予告にうっかり涙するところから、今回は始まりました。
同時上映の方は、ツッコミどころがありすぎて何もいいません。
いろいろな意味で、とても楽しかったです。

以下は、ストーリーの大筋に関わるネタバレはありませんが、箇条書きで叫びます。
見た方、または見てないけど大丈夫!って方のみ反転してご覧下さい。

*ももなつのうらさまに……思わず烏龍茶噴きそう……。
*狭い部屋で二人っきりのうらときんに悦v
*ネウロのヤコちゃん張りに食べ続けるGA0さまが可愛いv
*You斗の苦労人っぷりに思わず涙。今回の映画、頑張ったで賞MVP。でも、レールの乗り入れ、最初っからヘリで飛べば良かったんじゃない?(それは云っちゃダメ)
*じぃくが帰ってきた!!いきなり偉そう。そして相変わらず、……痛っ(物理的に)。
でも、今人体の時より、花さまが手加減しているように見えたのは私だけ?今人体の時は、吹っ飛んでた気が……。
*「次の皿を」「おいしいって言ってくれた」のやり取りが可愛らしい。やっぱり、おいしいって言ってもらえるのが作る方としては一番嬉しいよv
*ももの屋根から下りる背中に漂う哀愁……可愛すぎる。
*ヒロイン最強伝説。素手で勝負したら、多分、この作品中最強。
*おぅなぁ、もしかしてラスボス?あの謎の笑顔が怖すぎる。
*外さないねvと声をかけるうらときんのショットに悦2v
*鶴の恩返しならぬ、はくちょうの恩返し。しかし偉そう。あの子は、榎さんと同じ匂いがする。いつか「僕が神だ!」とか言い出すよ。
*戦闘シーン、きんの腰の入れ方を見て、昨日の稽古で散々「へっぴってるぅ」を連呼された私は本気で見習おうと思いました。
*GA0さまのドアップ、超イイ笑顔に大爆笑(しかし、シーンとしてはかなりシリアス)。
*最後の写真立て、とても良かったです。


どうでもいいけど、映画館を出たら、ついさっきGA0Linerにぶち壊された建物があって大爆笑。さすが、地元v
しかし、映画館の売店にはグッズが一つもなかったので、そのまま近くの玩具売り場へGo!
りゅたのソフビを見つけて、雫月ちゃんにお伺いの電話。
うらの人形を片手に、うらがきんがと熱く語る私を、近くの小学生が珍しい生き物を見るような目で見てました。

今日の映画で、妹はうらにはまったそうです。一話から放映を見ていないことをひどく後悔していました。
ちなみに、夕飯をテーブルに運ぶとき、「こぉりん!満を持して」といったら、「次の皿を」と返されました。

とりあえず、見てない方、見ようかどうしようか迷ってる方、絶対行ったほうがいいです。
本編だけでも充分面白いですが、あれはもう、本当に伏線もへったくれもなく、ただひたすらに面白さを追求した作品になっています。
是非!映画館でこぅりん!を体験してください!
ぱーあく。
雫月ちゃんからぱーあくをもらったので聞きました。
人として、越えてはいけない何かを二つ程超えた気がします。

うらの台詞バージョンで、私の中で何か変なものが目覚めた。
あの馬鹿にしきった声で「かっこ悪ぅ」って罵られたい。
うらとなら、どんなに海風が強くても、潮風で髪や肌がべたべたになっても、夜釣りに行ける(誰も誘ってないから)。
今年の私は2ステップでか~な~り、遠くまでこませを投げられるぜv(そんなの誰も聞いてない)。

きんの「お前の望みを云ってくれ」に何かが壊れた。
関西弁は苦手だったけど(某氏のせいで)、あぁいう関西人なら大歓迎だ。

なんかもう、うらときんでおなかいっぱいです。
心の変な部分が満たされた。
……すごい。こんなに満たされたのは久しぶりだ。

他の二人に関しては……
りゅたの怖さに私が泣きそう。怖い、怖いよ、あの子。
もも、相変わらず可愛いなv
くらいです。
ももの可愛さも異常ですが、それ以上にうらときんが閾値超えちゃったので、ももに対してのコメントが出来ません。

雫月ちゃん、素敵なものをありがとう!
電028話。
……良かった……皆無事で良かったよぅ!!(涙)。
放映終わったら抜け殻と化すのではないかと思うくらい、電0に惚れ込んでる自分に気付いた。
でねが出てきた頃から見始めたので、私は、りょたに4人が憑いていて当たり前なんですよ。
しかし、形見に携帯を選ぶとは、りょたさんは現代っ子ですねぇ。

のっけからきんちゃんに助けられた女の人が羨ましい。
りょたを放っておけないうらに惚れ直して、吹っ飛ばされたうらがダイブした先にはきんちゃんがいて、ぃやっほいきんちゃん男前vとか叫んでみたり(きんvうら推進委員会!)。
りゅたの「沈む」って声が、すっごく具合悪い子供みたいで怖かった。
結構スルーしてたなおみちゃん見てたら、大体やばいくらい具合悪いときに限ってスルーされるんだよなとか、変なことを考えてしまったり。

三人それぞれの最後の言葉が、本当に彼ららしい最後の言葉でどうしようもないくらい泣けた。
りゅたは最後までお姉ちゃんらぶ。「最後の言葉」を選ぶこともなく、言いたいことだけ言っていなくなった。
きんちゃんは、生きさせてくれてありがとうって……りょたがきんちゃんにしてきたことに感謝して、最後の言葉。
うらは、うそを教えられなくてごめんなんて、一番言葉数多いから、空元気な感じが痛々しい最後の言葉。
一遍に三人分、一番重たい言葉を受け止めなくちゃいけなかったりょたはどれだけ辛かっただろう。
残されたりょたを託されたももは、結果として自分だけ助かったももは、どんな気持ちでりょたのそばにいたんだろう。
朝から何でこんな重たい話を見てるんだろうと、自問自答しながら……「もしも~し」っておいっ!!
戦闘中に通話するか!?しかも何だ、あののーてんきな着メロ。
是非自分の携帯の着信音に設定したいですよ!(えぇっ!?)
手に入れたあかつきには、雫月ちゃん(友人)の着メロにしよう。
メールの着信音は変身の時の音がいい。
♪ちゃららららら~あっくすふぉ~む!
で携帯開くと雫月ちゃんからのメールv
……いいなぁ。公式で配布するの楽しみに待ってようっと。

電0着ボイス、この前友人と考えたんですけど……
りゅたで「電話。早く出て!答えは訊ぃてない!」とか、ありきたりだけど欲しくないですか?
うらに「せぇんぱいvメールだよ」とか、「早く先輩の声が聞きたいな(電話)」とかもいいよねって二十分以上話し込みました。
せっかくなので、いろいろ出ればいいと思います。
出たら全部DLします。例の携帯も……買ってしまいそうだよ。

今日はとにかく、皆無事で良かった!で結論。
うま……
久しぶりに稽古に行ったら二時間もたなかったダメな渡瀬です。
しかし、胴着の下に着ていたアンダーシャツが汗で完全に変色するのを見たのは初めてかも。
暑かった……。

今日は、父が鯛を釣ってきました。
塩焼きにして食べたらおいしかったです。
明日は残った骨と頭、尻尾を使って潮汁を作って、刺身をするそうです。

行き帰りのガソリン代と魚代……まぁ、それは考えないことにします。
ごちそうさま。
万年筆語り。
ぬぅ、いい加減ネタ切れだ……。
一応毎日書くのを目標にしてるので、何か考えよう。
あ、なぜか万年筆関係のワードでサーチしてくださる方が多いので今日はそのネタでも。
とはいっても、恥ずかしいくらい初心者なのであまり期待しないで下さいね。

万年筆を買った理由はペン先の形が何となく好きだからと、インクがいろいろ選べるからの二点。
インクという点ではガラスペンも二本ほど所有しています。
ボールペンもいいんですけど、入換えられる方がいいかなぁ、なんて変なこだわり。
この時点で「ダメだこいつ」と思ったら先は読まないほうが無難。
もし「私もv」という奇特な方がいらっしゃいましたらどうぞ。
むしろ、友達になって下さい(えぇっ!?)。

持ってる万年筆はLAMYのサファリ(今年の2月に購入)。
ボディカラーは艶消しブラック。ペン先も燻し銀の渋い子です。
アルスターのグラファイトか、ノーマルのブラックだったはず……(覚えとけよ)。
子供向けといわれる割に、サラリーマンのお兄さんが持ってても違和感のないシンプルなデザインがすごくいい。
艶消しを選んだ理由は、指紋が付くのが嫌だから。
別に何を企んでいるわけでもなく、ボディはやっぱり奇麗にしておきたいけど、いちいち拭くのが面倒という、お前本当に好きなのかと疑問になるよな理由が第一。
ペン先はノートにも書けるように一番細いEF。
インクでいろいろ遊びたかったのでカートリッジではなくコンバーター(インクを吸い上げて使うので何度でも、どんなインクでも使える)で使っています。

safariとの出会いは、小学生の時、独逸のお土産として貰ったシャーペンから。
とはいえ、びっくりするほど鮮やかなカラシ色が当時はあまり好きになれず、せっかく貰ったのにずっと使わずにお蔵入りしていました。
そのため、貰ったことは覚えていたのだけど、メーカーがどこかなんて知る由もなく、十年以上放置(ごめんなさぁいっ!)。
最近、戦友だったPilotのS30が壊れたので、引っ張り出して使い始めたところ、「あれ、こいつもsafariだ」と気付いた次第です。

よく使うインクはPARKERのブルーブラックと伊東屋のカクテルインク、キールロイヤル。
前者は所謂万年筆のインク。後者は落ち着いた感じの赤茶色です。
今欲しいのはエルバンの「野草」。あとカクテルインクでオレンジっぽいものを探したい。
インクはボールペンと違って乾くのが遅いとか、にじむとか、裏写りするとか云われますが、意外と普通のノートに両面がしがし書けます。乾くのもそんなに遅くない。
限りなく黒に近い色のバリエーションはボールペンの比ではないので、敬遠せずに興味があったら使ってみると面白いかも。

初めての万年筆っぽいものは十年くらい前に買ったセーラーのインクペン(150円)だったので、ずいぶんレヴェルアップ。
しかし、蒔絵やら貴金属製の高級万年筆が並び、お客さんも中高年の貫禄ある方々ばかりの中、一万円でお釣りが来るサファリを買うのは少し勇気が要りました(The場違いv)。
それでも、伊東屋の店員さんはとても優しい方で、コンバーターの使い方から手入れの仕方までとても丁寧に教えてくれました。
分からないことは分からない、知りたいから教えて欲しいと、かっこ悪かろうが情けなかろうが、聞くのが一番かと。
ベテランの方には今更という感じですが、修理や調整もしてくれるんですよ。
店員さん曰く、調子悪いペンで書いてると、書くのが嫌になって使わなくなってしまい、それはペンにとって一番よくない事なのだそうで、調子が悪くなったり、何か書きにくいと思ったら、すぐに持ってきて下さいねと云われました。
……うん、銀座は遠いけどね(笑)。

万年筆は使っているうちにペン先が使う人の癖に合わせて削れてくるそうです。
「こいつは使えば使うほど自分のものになるし、頑丈さではその辺の高級品にも負けませんよv」という言葉通り、がつがつ使っても安心して書けます(がつがつってどうよ?)。
コレクターの方のようにいろいろ種類は集められない代わりに、自分はこいつを可愛がり倒したいと思います(迷惑?)。
まだまだペン先が硬いですがこれからも大事にしていきますv

って、この語りを読んで「万年筆っていいかも」って思ってくれる人はいるのだろうか……(汗)。

追記
コンバーターの使い方については2007.10.29の記事を参照してください。
I某いろいろ。
シーズン6が決まり、映画化も決まり、漫画化とノベライズも決まりましたね。
ファンとしては嬉しいですが、財布はどんどん軽くなっていきます。
まあ、DVDに手を出していないだけ(プレは買ったけど)良しとしよう。
本当はシーズンの方も買う気だったのだけど「1シーズン3万としたら、5シーズンで15万だよね」って呟いた瞬間に買う気が失せました。そんな金はない。

あ、漫画は誰が描くんでしょうね(話題変更)。
楽しみなような怖いような。
個人的には(絶対無理とは分かっていても)峰倉さんか、ゆうきさんがいいです。妹は、拝み屋の作者がいいらしい。
共通点は味のあるおっさんがかっこよく描ける人。
望むのはそれだけです。
ここのところ、毎日I某三昧ですが、改めて面白い作品だと思いました(作文調に)。

最後にちょっとだけ電0について。
夕方、友人(男)に会いました。その時の彼の一言。
「電0いいよね。俺、主人公の子可愛いから好きなんだ」
……へぇ、ああいう子がいいですか、そうですか。初めて知ったよ、そんなこと(むしろ知りたくなかった事実だよ)。
相変わらず、面白い友人です。
ゆうかいのかじつ。
うっかり読み残してました。
というより、コミックスタジオが思ったよりも面白くてそっちで遊んでいたというのが事実。
トーンがあるとなんかまともな絵に見える気がしますねぇ(ダメな絵の典型)。

それはさておき誘拐の果実。
もう「頭いい~」の一言に尽きます(あったま悪い感想)。
ネタバレを隠すのも面倒なので、犯人だの動機だのについては言及しませんが、真保さんが犯罪起こしたらすごいことになる、とだけは言っておきましょう。
本当に一作品ごとによく取材をする方だと、毎度ながら思います。
この作品一つ書くのに、少年法、株、医療問題、一体どれだけ調べたんだろ。
しかもその素材を、ただ淡々とレポートのように書き並べるのではなく、キャラクター絡めて一つの物語というおいしい料理に作り上げてしまうところが、彼の一番すごいところ。
株とか全然分からなくても、すごく楽しく書いてあるから飽きないし、むしろもっと知りたくなる。
膨大な取材内容の、一番いいところだけ書いてくれているんだろうなぁと……。

そして、素材もさることながら、そのキャラクター。
別に何の特殊能力ももってないし、すっごい大金持ちでもないし、地位だってそんなに高くない。
普通の中間管理職だったり、普通のサラリーマンだったりで、家に帰れば子供と会話が出来なかったり、妻子に鬱陶しがられたり、そういうどこにでもいそうな人が、犯罪という非日常に巻込まれ、翻弄されながら前に進んでいく。
何で自分だけがとか、もうやだとか、ヒーローなら絶対に口にしないような恨み言をたまに言っちゃうところがまた普通っぽい。
冴えない中年のおっさんが、それでも何とか頑張っちゃうところがおっさん好きには堪らない。
対になって描かれる少年少女の透明で純粋で切れ味鋭くて優しいところがまた素敵。

締めの言葉はごちそうさましか考えられません。
インストール。
「カイリさんは自分で同人誌を作ればいいと思うよ」
と、妹がintuosに付属していたソフトをくれました。

ソフト以前に画力がないといったら、作品に対する愛さえあれば描けるようになるさ、というこれ以上ない精神論が返ってくる始末。
もうちょっと具体的なアドバイスを寄越せ……。

しかし、貰って損はないので、今日はソフトのインストール。
Painter、Comic Studio miniとあと二つ。
ペインターはアクリルとかクレヨンとかチョークとか、いろいろあって楽しいです。
コミックスタジオは……いつか使う日が来ればいいな。
絵が描けなくても生きていけるけど、描けると更に生きやすい。

っつか、夏休み明けまでにポスター一枚作れって言われてるのを今思い出した。
妹に丸投げするつもりだったから忘れてたよ。
しかし、AorB全版のポスターなど、一般のマシンで作れるとは思えないから、おそらく恐ろしいまでのやっつけ仕事を提出する破目になるのだろう。
……いつもごめんなさい……。
読書
連日のお出かけで疲れたので今日は読書の日。
今日の読んだ本リスト。
誘拐の果実(半分)、弥勒戦争、殺人方程式I、アタゴオルx6。
誘拐はハードカバーなので重くなって中断。後半はまた後で。

弥勒戦争は、仏教思想を取り入れたファンタジーテイストの悪魔が来たりて笛を吹く風味なSF作品(どんな説明?)。
エイダや超・博物誌ほど叙情的ではなく、荒削りで骨っぽい印象を受けます。
ってか、これにしても神狩りにしても、後この倍は話があってもいい気がする。
あ、佳境だな……って思う頃にはもう残りが数ページ(涙)。
原爆で生まれた「弥勒」は、本来の役目を過大解釈した存在に成果て、殺戮プログラムとなる。
弥勒という存在が、精神における遺伝子のような存在だとしたら、アポトーシスを誘導する遺伝子のようなもので、広島の弥勒が暴走した癌遺伝子なんじゃないかとかそんなことを考えたり。

殺人方程式は、安楽椅子探偵のように「さぁ、解いてみろっ!」と作者に挑戦されます。
本当にもう、長い長い入試問題のよう。
個人的にはこれよりも館シリーズの方が好きです。
キョウsの設定にときめけなかったのが敗因。裏の敗因は速度式。
でも、純粋に謎を解きたい人にはこっちが絶対おすすめです。
館はぶっ飛び設定が多すぎる(そこがいいんだけど)。

アタゴオルは、昨日の影響で読み返しました。

しかし、ばらばらのジャンルを一気に読んだせいか、頭の中が面白いことに……。
妹が邪魅の雫を手に入れてきてくれたので明日以降も読む本には困りそうにないです。
アタゴオルと電king27話感想
……何なんだろう、この連日のお出かけラッシュ。
インドア派の自分としてはとても頑張ってると思う。
そろそろ限界近いけど(早っ!)。

今日の出先は八王子。
八王子夢美術館で開催されていたますむらひろしの世界展。
宮沢賢治作品中心ではなく、アタゴオル中心の原画展です。
えと……アタゴオル好きにはたまらないかと(感想)。
印刷物には表現され難い、水彩画独特の筆の跡とか、微妙な重ね塗りが間近で見られて最高です。
ツタの葉っぱや雪の色、水の色、銀河の色、印刷ではほぼ単色ですが、原画は全て多色。
ドクターマーチンの緑色を綺麗だと思える人は、多分感動するかと。
帰りにカレンダーだの図録だのを買って散財しましたが、悔いはないです。

変わって電kingポイント。
・「手に負えんでぇ」x3
・ぼくちゃんx2
・ヒロインの暴力(何であんなに強いんだろ)
以上です。
花火。
花火を見に行ってきました。
知合いのマンションの屋上からよく見えるのです。
11階建ては視界が違いますなv
会場からそんなに離れていないところにあるマンションなので、音もよく響くし、大きくてとても綺麗でした。

しかし、直前に飲んだトマト酒のせいであんまり覚えてなかったり……(汗)。
いや、綺麗だったのは覚えてるんだけどね……。
確か、世界中の爆薬が花火になればいいんだとか何とかわけの分からないことを言っていた気が……する。
まぁ、苦情が来てないので良しとしましょう(あれ?)。
鎌倉。
今日は、従姉と母上と一緒に、鎌倉に行ってきました。
成行きでワンピースのスタンプラリーにも参加してきました。
とはいっても、景品目当てではなくスタンプだけで。
ナミさん、ゾロ、チョッパー、ロビンちゃんをゲットしました!

*佐助稲荷
伏見稲荷ほどではありませんが、少し長めの鳥居が連なる階段を上ってお参りします。
しかし、特筆すべきはリス!
半野生のリスが、餌台に出してある餌を食べに来ます。可愛いv

*銭洗弁財天
洞窟の中でお金を洗うとお金が増えるという場所です。
先日、友人から借りた水木先生の本に載っていたところだということに、着いてから気付きました。
ずいぶん古い本だったし、遠い昔の話だと思っていたから、水木先生の絵のとおりの光景が広がっているのを見た時には、うわぁっ!と、嬉しいようなぞくぞくするような妙な気分になりました。
本の中身と現実がリンクする瞬間って、何か堪らないですよね?

*鶴岡八幡宮
一番行きたいと言ってた割りに、所要時間は一番短かった場所。
テレビの撮影をやってて、邪魔にならないようにって避けてたら、気忙しくてテンションが下がった。
や、撮影は仕事だから仕方ないのだけどね。
撮影してる人たちの周りで何の番組? って騒いでるのが嫌。
本殿の真ん前で『きゃあっ~』はないだろう。
一応、神聖な場所で、祈りを捧げる場所なんだからさ、静かにしようよ……。
自分も変なスイッチが入ると元々通る声が更に響き渡りますが、ああいうのを見ると直さないとなぁと思ったりします。
うん、まず、変なスイッチを入れないようにすることから始めよう(それって……)。

お昼に食べた豆腐料理はおいしかったです。
鳩サブレ本店で限定グッズも買いました(鳩サブレ形のキーホルダー)。
帰りに乗ったグリーン車の二階は、最高でした!
……結局、一番気に入ったのはグリーン車の二階かもしれない。
いつもより高めの目線がとても素敵。
快適だ、降りたくないと言って、従姉に「よほど気に入ったんだねぇ」と笑われる始末。
だって、気に入ったんだからしょうがないじゃないかっ!
グリーン車、いいです。とても快適です。二階席最高っ!
自分の興味なんて、往々にしてそんなもんです。
ぎんざ。
というわけで、銀座に行ってきました!
さすが地価が一番高いだけありますね。
建物がぴかぴかです(意味不明な上に貧相な表現)。

松屋8Fで開催されていた写真展に行って、帰りに伊東屋に寄って帰ってきました。

写真は、滝の写真展でした。
世界百名瀑とか何とか……要するに世界のすごい滝百選です。
奥地の滝とか、平原のど真ん中から落ちていく滝とか、水が爆発してるように見える滝とか、一口に滝といってもその姿は様々でとても面白かったです。
赤茶色の帯が浮き出た地層の崖を落ちていく滝の写真、下の方が霧になっていて、その霧が、言葉で表現すると『降臨』って感じなんですよ(別に何も続かないよ?)。
あと、長時間露光で撮った月と星のアーチの下を流れる滝や、満月の光で出来た虹がかかる滝の写真が幻想的でとても綺麗でした。
重力に逆らわない、あの、水の自由な姿が好きです。
……わぁ、何か癒された。

さて、写真展のあとは、松屋の他階には見向きもせず、伊東屋まっしぐらです。
……え?ルイヴィトン?……それ、食べ物ですか?

伊東屋は、万年筆売り場でペリカンフェアをやっていました。
そのため、いつもは大人ばかりの売り場に小学生くらいの子供の姿も少々。
フェアということでなのかは定かでないですが、ペリカーノの限定色(ピンク・黒)も発売中でした。
あとは、ペリカン用カートリッジ、全色試書きし放題です!!
ペリカーノは限定の二文字に釣られてうっかり買いそうになりましたが、堪えました。
わ、私には春に買ったLAMYのサファリがいるもんね。
あの子をもっと活用してあげなきゃいけないよねっ!

インクフロアでは私好みの深緑(byエルバン?)を見つけたのですが、緑のインクってどうなんでしょ?
何かいつも「緑のインクで手紙を書いたら……」という歌詞を思い出してしまって、買うのを躊躇するんですが……。
おかげで手持ちのインクはブルーブラック系がほとんど。
この前買ったキールロワイヤル(深い赤)も好きなのに使えないというこのもどかしさ。
確か、赤って絶交とか意味してましたよね?
手紙(ビジネスではなくプライベート)の礼儀とか、あんまり詳しくないので、誰か知ってたら教えてください。
文字の色にどういう意味があるのか、それが載ってる本でもいいので、情報お願いします!

今回は時間の関係で本店しか行かれなかったのですが、この夏の間にもう一度、今度は裏の二号店と、駅逆口のカクテルインクのお店にも行こうと思います(財布と相談して)。

さて、明日は鎌倉に行ってきます!
ぅえぇっっ?
うちのケーブルはノースクランブル非対応なのか?

今日と来週は、夕飯レシピは夏休みです。
私の作った胡散臭いエビチリもどきの作り方など誰が知りたがろうか……(反語)。

予約してた電king再放送が有料表示されて録画されてませんでした。
おまっ……わ、私がどれだけっ! どれだけ、この日を楽しみにしてたかぁぁぁっ……(血涙)。

何か、某教授にお会いして、いろんな話聞いて、「あー、秋からも何とかやってけそうかなぁ」なんて気分になってたところで、これかよっ!
このジェットコースターもびっくりな浮沈みっぷりはもう……笑うしかないねv
うぁぁんっ! 悔しい、悔しい、悔しいっっ!!(落着け)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。