間違っちゃった理系回路搭載管理人の思考垂れ流し徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電0映画2/3。
というわけで、3連作の2本目を見てきました。
大本命の一本目は、2作目と同日に見ようといたら上映が終わってしまっていたという悲劇に見舞われ未だ見ていません。新宿で朝一の一回のみ上映してるんだけどな。朝は年休取りづらいからな。でも、取っちゃおうかな。

で、それはともかく二本目。孫と小野さんの回。
一本目も鑑賞済みの妹曰く『ゆととIりさんよりらぶらぶだった』だそうで、まぁその感想も何となくわかるような……。
とりあえず、小野さん好きなしいなさんは見るべきかと。

ストーリーも、ありがちだけど違和感なく構成されていて、脚本家の人すげぇの一言で。

もしも電Linerがあるのなら、自分も彼女と同じことを望みたいです。最後の日をやり直させて下さい、オーナー。
ただ、それをやり直したからといってすべてが満足行くわけでもなく、たぶんそこを修正してももっとほかのところも修正したくなるのは目に見えているわけで、そうすると自分の人生ほぼ全部塗り換えなんだろうなとか思うと、一日なおしたからといってどうなるわけでもないとかそういう結論に落ち着くのだけど、だからどうでもいいような日とか、どうでもいいような一言が、後々すごく大きな意味を持つようなことになるんだから毎日ちゃんと生きろとかそういう結論になるんでしょうか。うわん。

……まさか、ライダーでここまで古傷を抉られるとは思わなかったよ。あ、でも、ほんと、主人公サイドはラブラブでそれがとても救いでした。
お前らもう結婚しちゃえよ、で結論!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。