間違っちゃった理系回路搭載管理人の思考垂れ流し徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仏像展と貴賓室。
泊まり明けに母と妹と合流して、三井記念館でやっている奈良の仏像展に行ってきました。

美術館に行ったのは久しぶりだったので楽しかったですが、やっぱり仏像は本来あるべきところで見るのが一番綺麗なんだろうなとかそんなことも思ってみたりしました。
もちろん、展覧会自体はよかったですよ?
ただ、仏像は信仰やら祈りの対象というイメージが強いので、見て綺麗だとか、そういうために見るのもどうだろうとか、そんなことを思ったらなんか申し訳ない気持ちになりました。うん、何に対してだ?

首と手のない仏像、ミロのビーナスとサモトラケのニケを足して二で割った感じでよかったです。
あとは、結構顔がリアルというか、記号化された顔でなはく、誰かの顔を元にして作ったんじゃなかろうかみたいな顔の像があって面白かったです。

結論は、阿修羅君はイケメン、で(台無しだよ)。

貴賓室の方は、帰りのお茶から。
上野駅の元貴賓室だったところがレストランになっていて、軽く執事喫茶状態です。
興味がある方はぜひ!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。