間違っちゃった理系回路搭載管理人の思考垂れ流し徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぅおぉおくもうそう。
仙台旅行の途中でさゆらさんと、こんなスピンオフ誰か二次でやってくれないかなーといってた妄想。
藤x松で馴れ初めから。ほぼ箇条書きです。

生粋の女王様気質な松はその性格がたたっていじめられる。
フルボッコにされているところを通りがかった藤。
『お前のその偉そうな性格気に入った! 俺はここで天下を取る。お前、俺と組まないか?』的な感じで共闘関係を結ぶ二人。
藤→松視点はは、松の気位の高いところが好き。自分にだけは屈服させたいとかそんな感じ。
藤←松は、上に行くために利用させてもらうけど、あんたのその野心家で策略家なところ好きだよ?みたいなそいういうの。

で、松が鶴を飼い始めたところで一悶着。藤が切れたら面白いかも。
『別に、あんたのことが嫌いになったわけじゃなくて、ただ、あんたが俺を飼ってる気持ちってどんなものか知りたかった』みたいなことを言えばいいと思うんだ。

で、本編後。ぅおぉおくを追い出された松のその後。結局どっちも暗いので苦手な人は見ない方が無難。

それなりにいいところで家庭を築き、傍からみたら幸せな人生を送る松。しかし、それは最初だけで、子供が生まれれば用無しで、遊郭に売り飛ばされる。ここから分岐。

トゥルーエンド。
その性格から客に媚びることもせず大して売り上げも伸ばせないため厄介者扱いされる松。で、後は出会い再び。天下は取れないけど、着いてくるか?で、FA。外に出されても、あの二人ならきっと何かやれるはず(商売とか)。幸せな関係を取り戻しましたとさ。とか、そういうの。

ダークエンド。
何だかんだでぅおぉおくを出た藤が、ひょんなことから遊郭を通りがかる。
店の裏に目をやると、店主が『あー、そっちは使い物にならないやつばっかりだから、気にしないで』的なことを言われる。
『顔だけはいいやつもいるんだけど、心の方がぶっ壊れててね』
『はぁ……』
『東(お城のある方)ばっかり向いて、藤シ皮様ってずっといってるんだ』
で、再会を果たすも、そこにいたのはもはや抜け殻となった松で、藤はどうしてもっと早く松を探さなかったのか後悔するとかそういうの。

……ほんと、誰かやってくれませんかね(誰がやるか、そんな趣味の悪い話)。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。