間違っちゃった理系回路搭載管理人の思考垂れ流し徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都旅行2011。二日目。
というわけで、二日目。
今回は朝食付きプランなので、朝からバイキングになるべくバイキングです(微妙に古いネタ)。

伏見稲荷に向かう前に、まずは三十三間堂へ。
千手君こと千手観音像がたくさんありましたが、個人的にはその前を守っていた二十八部衆がよかったり。皆すごく優しい顔をしているのです。

さて、大本命伏見稲荷。
せっかくなので京阪電車に乗ります。何か今回は母上が多種類の乗り物を所望してくるんだぜ。
イコカ使えます、という自動改札にスイカを当てたら華麗に足止めを食らいました。……やっぱり、JR系列じゃないと無理か。
駅を降りて伏見稲荷に向かう途中、小さな橋を渡ったのですが、川の水量が非常に少なく、なぜか軽トラが爆走していました。……なんという水陸両用っぷり!!
で、伏見稲荷。
昨日だか一昨日が、1300年記念日だったらしいのですが、その日に行かないのが私クオリティ。……本当は当日に行きたかったわ。
今回は四辻の先も回り、全ての社を回ってきました。地図を見ると大変なルートですが、意外と大丈夫だった!あの縮尺は間違っていると思います。
途中のお茶屋さんのメニューから『飴湯』が消えていたのがちょっと寂しかったです。あと、自販機からも消えていたな。下火なのか?
伏見稲荷を散々歩いて、お土産の狐煎餅を買って、お昼を食べて、伏見の町歩きへと移動しました。

水が美味しいらしい伏見の町は、酒造りも盛んらしく黄桜とか月桂冠とか、有名な酒造が結構ありました。
御香宮神社にお参りをしてから町歩き。
黄桜の記念館行ってきた!河童資料館とか、面白かった(←お酒関係ない)。
黄桜の記念館の脇では、酒造りに使う水が自由に汲めるようになっていて、せっかくなのでもらってきました。えぇ、こんなときこそ水筒の出番ですよ!
そのまま飲んでもおいしかったですが、ホテルに帰って一度沸かし、お茶をいれたらとってもまろやかでおいしかったです!
そもそも伏見の喫茶店で飲んだコーヒーやお茶もおいしかったからなぁ。水がおいしいって幸せだv

あと、伏見の町には寺田屋もあり現在も公開はしているらしいのですが、行ったのが夕方だったので中には入れませんでした。ちなみにその辺りの通りを『竜馬通り』というらしいです。去年来てたら大変な騒ぎだったんだろうね。
その竜馬通りに『お登勢』というお店があって、昨日の定春といい、今日のお登勢といい何なんだろうこの銀魂成分と思いました。

京都駅に戻ってきてから、おもむろに母上が『万歩計壊れちゃった!』とか言い出し、『ねぇ、駅前にビックカメラあったよね? あんた、カード持ってたよね?』とかそういう流れで気がついたらビックカメラ京都駅前店にいました。
そろそろ趣味がビックカメラを否定できない……。

夕飯は蕎麦とご飯のセットでしたが、何よりも漬物がおいしかったです(え?)。
で、夕飯を食べている途中で素敵なメールが届き、明日は旅の仲間が増えそうな予感がして二日目お終い。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。